ラインピット


配線システムを支えるピット蓋

情報化社会における設備機器の普及にともなう、複雑な床下配線システムづくりに貢献するカネソウのラインピット。床仕上材と同じ仕上材がピット蓋に貼れるため、床面の美観を向上させ、また、施工性も優れているので、簡単に取り付けることができます。オフィス、コンピュータルーム、クリーンルームなど様々な場所でご利用頂けます。
ラインピット

材質

主要な材質のうち、アルミニウム製品はJIS H 4100に定めるアルミニウム合金押出形材A6063S、ステンレス製品はJIS G 4305に定める冷間圧延ステンレス鋼板SUS304、スチール製品はJIS G 3101に定める一般構造用圧延鋼材SS400または溶融亜鉛めっき鋼材です。

強度基準

蓋の強度基準は、両端自由支持の状態で建築基準法施行令第85条に基づき、3,500N/uの等分布荷重時に耐える仕様です。

カネソウラインピットの製品特徴

4タイプの床仕上材に対応します
樹脂タイルカーペットタイルフローリングなど各種床仕上材に対応する蓋を設定。また、目地にはステンレスとアルミニウムの2種類を用意、床仕上材の質感に応じてお選びください。 4タイプの床仕上材
ガタツキ、騒音を防止します
歩行時のピット蓋のガタツキ、騒音を解消するため、受枠にはクッションを装着しています。
クッションは、細菌を寄せつけない抗菌仕様です。
ガタつき、騒音防止

病院のMRI室やX線室に対応した専用機種を用意しています
核磁気共鳴映像装置を利用するMRI室などでは、室内に磁場が発生するため、ピット蓋の材質によっては、蓋が跳びはねて外れる場合があります。この現象を未然に防ぐため、MRI室などに対応した専用機種として、オールアルミニウム製蓋にステンレス製の部品を使用した製品を用意しています。(製品符号:AC-AAMRI室専用機種
X線を使用する診療室などでは、放射線障害を防止するためのX線防護が必要となります。床ピットからの漏えいを防ぐため、X線室などに対応した専用機種として、ピット蓋に鉛板を装着した製品を用意しています。(製品符号:AC-PBSC-PB-15

X線診療室専用機種

トラフパンの取り付けも簡単に
施工時に、型枠を組む必要が無く、コンクリート打設が容易に行えるトラフパン付も用意しております。
コーナー部、分岐部など施工現場の仕様に合わせて製作します。 トラフパンの取り付け